Earwax-removal-tips_Blogpost-1560x520.jpg

正しい耳掃除の方法

補聴器と聞こえについて2019.01.29


正しい耳掃除の方法

耳垢を取るなら綿棒か耳かきと思われていますが、 実はそれはあまり良い方法とは言えません。 耳道のさらに奥へ耳垢を押し込んでしまう可能性があり、必ずしも安全とは言い切れません。よって耳鼻科医は、耳に異物、特に、 鼓膜を破ったり損傷したりする可能性のあるものを耳に入れることを推奨してません。又、これらの行為は、 聴覚に悪影響を及ぼす可能性もあるため避けたほうが良いでしょう。

とは言え、耳を掃除しなければ、耳垢がたまって耳道を塞ぎ、耳垢栓塞と呼ばれる症状になる事もあります。

耳垢栓塞とは?

耳垢栓塞とは、耳のなかに耳垢が蓄積して固まった状態をさします。頭痛などの症状に加え、聞こえに影響を与える場合もあります。耳垢栓塞になってしまうと、耳鼻科医に取り除いてもらうしかありません。耳垢は皮脂やごみを取り込むため、できるだけ早く耳から取り除くことが推奨されています。

耳垢栓塞の症状には、耳鳴り、耳の痛み、聞こえの低下、めまい、悪臭などがあります。イヤホンや補聴器を常用している場合は、耳垢栓塞が生じやすくなります。このため耳と補聴器を常に掃除し、清潔に保つ必要があります。

安全に耳を掃除するには?

耳の正しい掃除方法を知ることは、とても大切です。しかし、歯磨きや洗顔とは異なり、頻繁に行う必要はありません。話したり食べたりするときの顎の動きで耳垢は自然に落ちる仕組みになっており、耳の外は湿った布でふくだけで十分と言われています。それでも、耳の中のお掃除が必要となった際には、注意して丁寧に行う必要があります。

一番良いのは耳鼻科医を訪ねることです。耳鼻科医なら適したツールで、耳を安全に掃除する訓練を受けています。耳を水洗いするなど、家庭でできる処置もあります。この場合、耳垢を柔らかくする市販薬を使い、はがれやすくなった耳垢を生理食塩水でそっと洗い流します。ただし、糖尿病や免疫不全の方、または鼓膜に損傷のある方には推奨していません。又、難聴がある場合は、必ず事前に医師と耳掃除の方法を相談するようにしましょう。

そして、耳を清潔に保つには、補聴器を常に清潔に保つことも重要です。補聴器が汚れていては、せっかく耳を拭いたり洗ったりしても意味がありません。補聴器販売店が提供するクリーニングキットを使用し、所定の手順に従い、補聴器のクリーニングをするようにしましょう。

「信頼できる補聴器店と出会う」これはとても大切な事。

本サイトでは、当社の理念に賛同いただいている補聴器店の中から、当社が長年の信頼関係を築き、しっかりと補聴器を調節するための設備投資をし、専門的な知識や経験を有する補聴器店をご紹介しています。実際に多くの店舗には、認定補聴器技能者も在籍。
「補聴器、効果あるの?」「しっかり使いこなせるかな?」と悩んでいる時に、その不安な気持ちを払拭する専門的知識や経験、技術を持ち、気持ちに寄り添ってくれる信頼できるお店と出会う事はとても大切な事ではありませんか?
こちらでご紹介する補聴器店は、購入後も調整やメンテナンス、補聴器の効果がどの程度出ているかなど、継続的な測定・調整を行い、あなたとお店が二人三脚でより良い聞こえとなるよう、カウンセリングを継続的に実施する補聴器店です。

Earwax-removal-tips_Blogpost-1560x520.jpg

この記事を気にいったらいいね!しよう

「補聴器で楽しむ毎日」の最新情報をお届けします。