17004635_train_w227.png

身近に潜む、「聞こえ」のリスク。早期の対策で「難聴」を予防!

補聴器と聞こえについて2019.01.29

幅広い年齢層の難聴リスクが高まっていることをご存知ですか?
難聴は適切な対策をとることで予防することが可能です。

WHOによると、高齢者に1/3が難聴の影響を受けていますが、自分が難聴であることを自覚している人はとても少ないのが現状です。さらに近年、難聴のリスクは12歳から35歳の若者にも広がっています。スマートフォンなどのオーディオ機器や、コンサート会場やスポーツイベントのような大音響の娯楽施設の影響で、約11億人もの若者が、潜在的な難聴のリスクを抱えていると言われています。*1 難聴のリスクは、決して他人事ではないのです! 

  

 

 

 

あなたにぴったりの補聴器は?おすすめ補聴器4タイプ
補聴器は日々、進化しています!

聞こえの相談はまず、耳鼻咽喉科専門医にしましょう。
診断によって補聴器の使用をすすめられたら、ぜひこちらのおすすめ補聴器をチェックしてみてください。
最近の補聴器は進化しており、様々なタイプがあります。

気になる補聴器がありましたら、補聴器取扱店に行ってみませんか?
お店で実際に試聴をしてご自身で聞こえを体験してみましょう。

聞こえの詳細な検査は、耳鼻科専門医を受診してください。補聴器は適切なフィッティング調整により、その効果が発揮されます。しかし、装用者の聞こえの状態によっては、その効果が異なる場合があります。
*1一般社団法人日本補聴器工業会・公益財団法人テクノエイド協会「JapanTrak2015」,WHO「Prevention of blindness and deafness」,WHO「1.1 billion people at risk of hearing loss」

 

「信頼できる補聴器店と出会う」これはとても大切な事。

本サイトでは、当社の理念に賛同いただいている補聴器店の中から、当社が長年の信頼関係を築き、しっかりと補聴器を調節するための設備投資をし、専門的な知識や経験を有する補聴器店をご紹介しています。実際に多くの店舗には、認定補聴器技能者も在籍。
「補聴器、効果あるの?」「しっかり使いこなせるかな?」と悩んでいる時に、その不安な気持ちを払拭する専門的知識や経験、技術を持ち、気持ちに寄り添ってくれる信頼できるお店と出会う事はとても大切な事ではありませんか?
こちらでご紹介する補聴器店は、購入後も調整やメンテナンス、補聴器の効果がどの程度出ているかなど、継続的な測定・調整を行い、あなたとお店が二人三脚でより良い聞こえとなるよう、カウンセリングを継続的に実施する補聴器店です。

17004635_train_w227.png

この記事を気にいったらいいね!しよう

「補聴器で楽しむ毎日」の最新情報をお届けします。